楓と蒼
えりいく攻略 メイプル攻略 レベルアップ方法と氷魔育成を載せております。 日々の日記もありますので、どうぞよろしくお願いしますb
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆転検事 レビュー
逆転検事をやっとクリアしたのでレビューします。

後半にネタばれがありますので、ネタばれ注意をかかれた下からは

プレイしていない人、プレイするつもりの人等でネタばれを見たくない方は

それ以降見ない事をお勧めします。








作品名【逆転検事】



「概要」

逆転検事は『逆転裁判』のスピンオフ作品です。

今回は、御剣検事、通称みっちゃんにスポットライトが当たった作品です。

その為、逆転裁判をプレイしていない人にはお勧めできません。

やっていなくても、ゲーム自体には問題は有りませんが

逆転裁判のキャラクターとの関わりがあるため、初めての方はわからないと思います。

ただし、4のみ今回は関連していませんので4をプレイしていない方でもOKです。

蘇る逆転については微妙ですが、プレイしておいた方がいい、程度でしょう。(ただし逆転裁判1と言う意味ではプレイはしておくべき。今回言っているのは追加されたシナリオについて)


1~3をプレイされた方はぜひプレイしておくことをお勧めします。




「おおまかな感想」

まず、面白いか面白くないか。その所をはっきり言いますと

『結構面白い』と言ったところでしょうか。

が、個人的には逆転裁判に慣れ親しんだせいか逆転の方が良かったかな?と思わなくもありません。

しかし、それでも十分な面白さですし、やはり人によって評価は多少変わってくると思います。

例えば私は4は好きでしたし。(私は1~4、蘇るまでプレイ済みです)



さて、今度は細かく取り上げていきますね。



【ストーリー】

これに関しては4に似たような形です。

ネタばれになるかも知れませんが、全ての事件が繋がっていると言う意味で。

しかし、ストーリー内容については中々面白かったと思います。

最後までプレイすると、今までの一連の事件が分かってくるのが良いですね。

また、いつもの掛け合いやギャグなども面白く

前作のキャラも出てきましたし、個人的にはストーリーはかなり良いと思います。

特にラストは相変わらずの出来でした!

ラスボス粘り過ぎ!だがそれがいい!





【システム】



今回は御剣を動かしたりして、調べるわけですが

個人的にはうーん、と言ったところでしょうか。

と言うのも、タッチパネルで移動できるものの動きにくく意味が無い(基本十字キー)

話しかけたい、調べたいところを意外とミスる(方向や重なりでたまにありました)

意外と面倒、といった形です。

が、自分で動かすのが好きな方にはよいかも知れませんね。

ある機能を使ったあとの配置が変わってたりする所を自分で調べに行くのは中々に楽しいですし。


今回は法廷パートは有りません。(その為サイバンチョの出番はあまりない。登場はする)

その代り、同じ様な対決パートがあり、実質これが法廷パートと思ってもらって結構です。

後はまよいの霊媒パワーから超科学パワーになったぐらいですね。

あ、例のカガク捜査も一応やりますよ。ちょっとですけど。





【難易度】


1~3をプレイ済みでクリア済みの人にとっては普通ぐらいでしょうか。

私の場合は全部プレイしていましたがなかなか難しいと感じましたが。

今回は調べるところが多くあり、また場所に推理を叩きつけると言う意味で

難易度が増していると思います。

例えば私の場合


話が進まない→調べる場所を一つ忘れてた

場所に推理→何か違う

相手につきつけても外れる→理解してない


私の頭が悪い所為ですね。すいません。

だってGBAで出来たセーブしてつきつける→BGMの有無で判断→リセットが出来にくいんだもん

また、前の逆転裁判のトリックっぽい物が多少関連する場面(似てる)があり

知ってる人は見ただけでアレかとわかる部分もあります。

言うなら『3の最終話のヤハリの絵』です。





【逆転検事の魅力】



ロリ冥のかわいさ

異論はみとめない




後いつものギャグかな。それと便座カバー

ストーリーで意外とうお!っとなることが多いので(特にラスト)その点もグッド

ラストの熱さ相変わらず良いです。今までで1,2を争うレベルで熱いです

曲も良いですね。いつもと違うアレンジではなく良いオリジナルが多いのとアレンジも良い点。



結果から言うと『逆転裁判が好きな人は買うべき』

ただし4がいやと言う方や今までの逆転裁判じゃないといや(なるほどじゃないとダメなど)と言う方には

ちょっと敬遠されぎみな点もあります。

が、そう言うのを気にしない人はぜひ買うべきでしょう。

特に、前作を持っている人なら前出たキャラなどが出るので、ニヤリと出来ますよ。

ついでに、逆転おなじみの最後の最後のセリフも健在ですよ。


……でも今回最後につきつける証拠は無かったんだよな。ちょっと残念。











以下ネタばれ有り


重大なネタばれ等があります。

見たくない方はここでお引き取りをお願いします。
















今回逆転裁判にかかわってくるメンバーは主に御剣、美雲(新キャラ)、糸鋸、狩魔 冥です。

また、過去編に関してはいわゆる1や2の「なるほど、千尋の初裁判」のように御剣の「初裁判」と言う形で出てきます。

まぁ法廷パートは無いのですが、サイバンチョはここで出てきます。

またロリ狩魔 冥(12)は必見レベル。

なんだよこのかわいい子……と思いますよ。

未来を見て「あんなにかわいい子だったのに!」と思う事は間違いなし。ムチ……

性格はまったく変わってないんですけどね。




全ての事件が繋がっている点は面白かったですが

それならもう少し、例えば前の証拠品を使って最後に追い詰める!と言うような部分が欲しかったですね。

4のアレじゃないですが。

1話の証拠や2話の証拠を使って最後の話を解くと言うのもあったらいいなと思ったり。

今回なるほども出てこなかったのもちょっと残念(背景でチラリと見えますがそのレベル)










でも事件の影にやっぱりヤハリ!


相変わらずですね。ついでにカタカタのオバチャンも登場しますよ。

今回一番輝いてる裁判キャラってこの二人ですね。間違いなくと言えるレベル。



つまりこれは逆転検事じゃなくて「冥ちゃんのムチムチ物語」だったんだよ!







個人的にはやはりラスト。これが一番ですね。


正直最後のボス……おっとラスボスのネタばれ有ります注意



















ラスボスであるカーネイジ!

これが一番人間らしくある意味一番ボスらしかったです!


というのも粘る!

良く思っているもう少し粘れよ!まだいいわけできるだろ!何でそこで諦めるんだ!?

だめだめだめだめ!諦めんなよ!頑張れ頑張れ出来る出来る絶対出来る!なんで諦めんだ!

もっとポジティブにいけよ!ネバーギブアップ!


と思っていた私。だって証拠が致命傷な奴ならともかくこういえば逃げれるんじゃね?と言ったところで

諦めたりする人が多いんですもん。

でもコイツは徹底的に逃げます。長いです。オートロ以上です。

そして熱いです。

最後の待った!の連続はかなり良いですね。




そんなわけで、興味を持った方はぜひプレイをしてみてください。

それでは

スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

しろりん | URL | 2009-06-07-Sun 21:53 [EDIT]
ロリ冥だと・・・
購入決定b

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 楓と蒼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。