楓と蒼
えりいく攻略 メイプル攻略 レベルアップ方法と氷魔育成を載せております。 日々の日記もありますので、どうぞよろしくお願いしますb
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタRPG
一人の青年が居た。

神々しい光り輝く聖剣を手にし
その胸に輝く鳥を象徴したペンダント


一人の男がいた。

黒いローブを着ており全身を黒で染め
その頭には角が生えている


青年はこう呼ばれている『勇者』と


男はこう呼ばれている『魔王』と




魔王「勇者よ……次がわれらの最後の一撃となるだろう」


勇者「ボクは、お前を倒して世界に平和を取り戻す!そのために、絶対に負けられないんだ!!」


魔王「名もいらぬ!光もいらぬ!我が望むのは勝利のみ!」



そして、戦いの火ぶたが切って落とされる。



聖剣が強大な光を放つ。

破邪の力を持った神々しき輝きは、世界を照らす太陽の如く

それを掲げると、叫ぶ



勇者「喰らうがいい……・必殺剣!」



【わかめちゃんブレイド】


そうして、剣から光が


魔王「ちょ、ちょ待てよ!」


勇者「なんだ魔王!今更命乞いか!?」


魔王「いや、なんだよその技名。ふざけてんのか?ネタなの?死ぬの?」


勇者「馬鹿にするな!これはボクの大事な友人か付けてくれた大切な名前なんだ!」


魔王「ちょっとその友人との付き合いを考えろよ。お前のためにならんぞ」


勇者「魔王に言われたくない!」


魔王「ですよねー。でもせめて違う技にしようぜ?俺その技で倒されたら死んでも死にきれんわ」


勇者「……仕方ない、ならば見るがいい!衝撃の一撃を!」


剣を上段へと構え、一気に振り下ろす。


勇者「はぁああああああああ!」



【カツオクラッシュ】




魔王「はぁああああああああ!???おい、オイ待て!」


勇者「今度はなんだ!?いま良いところなのに!」


魔王「そのネーミングセンスは何なの?わかめにカツオってどれだけ海の幸が好きなの?
それ技名にしちゃうの?DQNネームなの?」


勇者「バカに(ry これは友人(ry」


魔王「その友人どんだけ海の幸が好きなんだよ……
とりあえずNGだから、違う技にしとけ」


勇者「くそ、我儘な魔王だな」


魔王「お前わがままって漢字で書けるか?」


勇者「……我母」


魔王「お前いつから母親になったんだよ。あと母はママとはよばねぇよ」


勇者「うるさいうるさいうるさい!」


光が、剣へと集約する。



勇者「消えろ!雷鳴と共に!」



【ライジング




魔王(お、普通だ。これなら……)



サザエサン】



魔王「国民的アニメきちゃったー!!今までの流れ全部わかっちゃったー!!」


勇者「な、なんだよいきなり叫びだして」


魔王「なんだよその技名は!あれか。空耳か?次回予告の
『さーて、ライジングサザエサンは』のあれか!?」


勇者「馬鹿!ライジングってのは雷でサザエは日、サンで太陽を現しているんだ!」


魔王(日曜日だからか……)「いや、さすがにやめようぜそれ。苦情来るぞ」


勇者「怖気づいたのか!」


魔王(違う意味でな、もしジャ○ラックが来たらどうするんだよ)


勇者「これだけは使うまいと思っていたが……」


魔王「海鮮と日曜のアレはもういらんぞ」


勇者「いや、英語だ」


魔王「英語……だと(I MEGU DAISUKIじゃないよな?)」


勇者「見せてやるよ、究極の一撃を」


力を溜め、空間すらも歪める力が集結し


勇者「究極奥義」






アルティメット  ヴィクトリー
A l t i m a t e  Victory

 【 A V 】 




魔王「略しちゃらめええええええええええええええ!!」



勇者「な!これでも難癖をつけるのか……!」



魔王「いや、もうさ、やめようぜ、そういうの。

ネタとかいらないからさ、普通に、そう普通にな」


勇者「ボクはいつでもまじめだが」


魔王(だからこんな技名になったのか)「やめてくれ」


勇者「ならどんなのならばいいんだ!」


魔王「こう……普通に漢字を使ったのとかさ」


勇者「ふむ……ならあの技だ!神すらも傷つかせると言う技を」


魔王「ほう?ちょっとかっこいいじゃないか(傷って部分がちゃっちいけど)」




カンナギ
【神薙





魔王(こ、これはまともだ!期待できるぞ!
うほ、オラわくわくしてきたぞ!)






ショック】




魔王「おいばかやめろ!その二つ組み合わせると頭がおかしくなって死ぬ!」


勇者「クレーマ……というやつか」


魔王「違うから、一般的に考えて」


勇者「(魔王が一般常識を?)じゃあどんなのならいいんだよ……」


魔王「こう……かっこいいのだよ」


勇者「なら最高にかっこいい技をみせてやる!喰らうがいい、至高の一振りを!」







オール・ハイル・ブリターニア
【超覇天冥若本皇帝抹殺降臨の一業】





魔王「中二病なのにどこかおかしいいいいいいいいいいいいい!」


勇者「足元注意だ!」


魔王「それが俺の名だ、じゃなくて中。二名なんて使ってんじゃ、ねぇええええええええ!」


勇者「なら魔王、お前の技を見せてみろよ!」


魔王「ほう、ご家老!じゃなかったよかろう!ならば見せてやろう!我が力を!」


勇者(いまさら口調を……」


魔王「永遠の眠りを!




【エターナルフォースブリザード】




-勇者は-
2度と現実へは戻れなかった…。
氷と生物の中間の生命体となり
永遠に幻想空間をさまようのだ。

そして死にたいと思っても死ねないので
―そのうち勇者は考えるのをやめた。




スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 2005 楓と蒼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。