楓と蒼
えりいく攻略 メイプル攻略 レベルアップ方法と氷魔育成を載せております。 日々の日記もありますので、どうぞよろしくお願いしますb
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタ昔話
むかしむかしある所に

シンデレラと言う美しい娘がおりました。

ですが、その美しさは意地悪な姉達の陰湿なイジメによってくすんでおり

傍目にはみずぼらしい娘にしか見えませんでした。


さて、その国の女王様は大層美しいと有名でした。

ですが、性格も比例して悪いとも言われていました。


王女様は魔法の鏡に問いかけます。



「鏡よ鏡!世界で一番美しいのはなんだい?」

「大自然じゃね?」


それを聞いた衛兵はごもっともと頷きますが女王は首を振ります。


「人間の中で」

「早く言えよ、わかんねぇだろはっきり言わないと」

普通わかるだろうと女王は思いましたがぐっとこらえて問いかけます。


「人間の中で一番美しいのは誰だい?」

「クレオパトラとか絶世の美女だったとウワサだが」

「今生きてる人間でかつ一応言っておくと女性ね」

「だからはっきり(ry」


TEKE3


「鏡よ鏡!この国に生きてる女性でもっとも美しいのは誰だい?」


「シンデレラかね」


「誰だいそれ?」


「ご存知、ないのですか!? 彼女こそ、魔法使いからチャンスを掴み、姫の座を駆け上がる(予定)の、
超時空シンデレラ、シンデレラちゃんです!」


名前被ってるからと衛兵は思ったが口には出さなかった。



「そんな美しいのかい?」


「とりあえず王子をギアスレベルで洗脳出来るぐらい惚れさせるぐらいだな」


それ魔女じゃねと衛兵は(ry


「くやしい!私が一番美しいのは確定的に明らかなのに!」

「アンタこの前カワイイ系で行くって言ってなかったか?
それで王子に(悪い意味で)ヤックデカルチャーと言われた気がするんだが」

「それはそれ、これはこれ」


「人間って欲深いな」


「とりあえず、そのシンデレラとやらに会いに行きましょう」


「うん、それ無理」


「何でよ!?」






「話ここでいったん終わるから。
暇とネタがあったら書くかもね」


オチは無い
スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Three Questions
?????? 2009-05-28-Thu 03:04
?? ?в?? ???3Ĥμ ?ν??顦  [続きを読む]
Copyright © 2005 楓と蒼. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。